貿易事務の内容とは

貿易事務の内容の詳細とは

貿易事務の内容について

貿易事務が行う仕事というのは、企業が商品を海外へ輸出したり、輸入したりする際に発生する諸手続きや雑務などを行う仕事です。具体的にみていくと、輸出の際の通関書類の作成および通関手配、輸入の際の通関手配、運送便の手配、納入管理、関税及び消費税納付業務など、輸出・入に関わる細かな仕事を多く受け持っている為、正確な作業が求められるといえるでしょう。また手配などの際に必要となる、語学やコミュニケーション能力・インターネット等の通信機器に対する知識なども求められるため、スキルの高さが要求される仕事です。

↑PAGE TOP