挨拶はビジネスの基本

ビジネスで印象が決まるポイント

ビジネスにおける挨拶のマナー

挨拶はビジネスマナーの基本となります。特に面識の無い方などでしたら相手に与える第一印象は非常に重要です。事前にアポイントを取っておける場合には必ず相手の都合を確認しておく事が必要です。名刺は必ず自分から先に名乗りながら両手で手渡します。相手から名刺を頂く時にはありがとうごっざいます、宜しくお願いします。お忙しい中ありがとうございます。等を一言付け加える事もポイントです。また、タバコの煙や臭いを嫌われる方は多くおられますので、服についた臭い等にも気を配っておく必要があります。服や靴なども重要なポイントです。高級品を身につける必要はありませんが、ボロボロの身なりはビジネスマンとして非常に恥ずかしい事であり、相手にとっても失礼になりますので注意する必要があります。

仕事のマナーとエチケット

ビジネスのマナーとエチケットの違いということは、境界線が分からなくなっています。書籍はほとんどが前者であり、後者をタイトルを付けることもほとんどありませんが、でも違反というときは後者が使われることになります。実は、今のビジネスでは混合している節があり、そのような現象となっていますが、よって来るところからすると、エチケットはどちらかというとルールとか規範、あるいは作法であり、それに対してマナーは思いやりという範疇なのです。したがって、思いやりが違反ということにはならないで、違反というときはエチケットが登場するというわけです。でも現代はまぜこぜになっていることは確かです。

↑PAGE TOP