ビジネスマナーの常識

ビジネスマナーへの理解

ビジネスで電話のマナーは必須

ビジネスでお客様と電話をする機会は多くあります。マナーがしっかりしていないとお客様が気を悪くされることがあります。社会の常識はしっかり理解しましょう。電話の対応は出るときは明るく声をはりましょう。声のトーンで印象が変わります。声が聞けても、顔は見れないからです。顔が見れないからこそ相手は想像します。また、切る時は必ず相手が切るまで待ちましょう。こちらから切ると、早く切りたかったのではないかと思われてしまいます。見えない相手どうやって良い印象をつけるかという事がとても大切です。ビジネスは当たり前の社会常識を当たりまえに出来て一人前として見られます。

社会常識の様々なパターン

会社に入ると先ず新入社員はマナーを勉強します。社会に出ると学生の時とは違って学校では教わらなかった世間一般常識として覚えなければいけないことがあります。例えば名刺交換の方法やドアの開け方、車の席順などです。面倒ですが、それがビジネスでの常識となるので入社した会社で教わるのですが、だだ自社で覚えたことが100%ではありませんので幾つかのパターンを学んでおきましょう。具体的にはビジネスマンの基本マナーの本を何冊か読んだり、同期で違う会社に入社をした友人とお酒を飲みながらでも良いので情報をシェアしておくと、自社で学ばなかった機会に遭遇した場合に対処することができます。

↑PAGE TOP